10年の時を越えて

前回のアニマルコミュニケーションのご感想
メリーちゃんへの手紙の続きの記事になります(#^.^#)
A様からの、最初のご依頼メッセージを読ませて頂いた時
わたしは、とても温か〜い気持ちになりました。

A様からの文章の一文字一文字に、素晴らしい愛が溢れていたからです。
10年という長い年月を越えたお二人の、本物の愛の絆を感じました。

A様からご承諾を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

私には最愛の牛がいます。
この子に出会って人生が変わり、酪農の世界に入りました。

もう死んで10年になります。

私は今でもこの子が私の心で生き続けていると思い、
日々酪農をしています。

〜中略〜

正直、牛の声を聞くのは怖いです。
家畜、経済動物として接していかなければいけないので、
人間のことをよく思っていないかもしれません。

ですがメリーは種を越えて私の心に響いた存在でした。

そしてセッションの前に、もう一度メッセージを頂きました。
とても、感動する内容なので多くの方に読んで頂ければ嬉しいです。

私は高校に入学するまで、牛に興味はありませんでした。
小さい頃から動物と暮らしていて50匹以上の動物と過ごしてきました。
そんな私がメリーに一目惚れをしたんです。
メリーに会いたい一心で高校の牛舎に通いました。
私は酪農を始めてから、沢山の素敵な縁に恵まれました。
全てメリーが導いてくれたと思っています。
そして、去年は私が酪農に携わってから15年。
私の半生になりました。
メリーとお別れしてから10年の年でもありました。
そんな年に大きな出来事があったんです。
酪農関係者が主催する『全国酪農青年婦人会議酪農発表大会』
という大会に、宮城県代表として出て欲しいと打診されました。
この大会の意見体験の部で、自分の酪農に対する想いを
10分間スピーチするという内容でした。
 私はメリーに出会って酪農を知り、
メリーとの辛い別れのことも発表の内容に入れました。
これは自分の中のタブーへの挑戦でした。
それは高校生の時から先生に『牛はペットではない、経済動物だ』
と教え込まれていた私は、牛との悲しい別れの度に『経済動物だから』
と呪文のように心で唱え、悲しみに蓋をしてきました。
そして酪農家なら誰しもそんな想いをしてきたと思います。
その想いをストレートに発表して酪農関係者の方はどんな反応をするのか、
これが挑戦でした。

去年の3月に東北大会があり、約200人の前で発表しました。

そして最優秀をいただき、全国大会へ出場することになりました。
7月の全国大会で今度は600人の前でメリーへの想いをスピーチしました。
そしたら、沢山の方に『感動した』や『自分も似た想いをした』
『励みになった』等、嬉しい言葉を掛けていただきました。
こんな風に堂々と牛への愛情を発表してもいいんだ!
とタブーにしていた事が解除されました。

種を越えた、年月を越えた愛の絆。。。
本物の愛には何の境界線や制限もありません。
境界線や制限をつけているのは、この地球(3次元)の人間だけ。
魂の世界(5次元)に行けば、みんな平等で自由です!

わたしは、A様とメリーちゃんから
あらためて、この大切なことを教えて頂きました。

******

040819_1311~0001

こちらのお財布は、メリーちゃんのお写真から作られたもので、
A様は10年間ずーと、今でもご愛用されているそうです。

とっても素敵なエピソードですね♡

10428021_360318277488811_6960715068062477508_n

次回は、メリーちゃんとのセッション内容の一部とご感想
シェアさせて頂きます。

今日も、最後まで読んで頂きありがとうございました <(_ _)>








↑8月のカレンダー無料配布中



にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
ブログランキング参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする