「生前中は大変お世話になりました」の本当の意味は?

こんにちは。

ペットロス*虹の橋セラピスト

くどうまさみ(MAYA)です。

先日、義母の一周忌でした。

その時に、和尚さんから、とてもためになるお話を教えていただきました。

今日は、そのお話をシェアさせていただきますね。

ペットロス 虹の橋

身内が亡くなった時、葬儀の時などに、喪主の方がよく

「生前中は大変お世話になりありがとうございました」

と、挨拶されることがあります。

ペットが亡くなった時も、SNSなどで、飼い主の方が

「生前中は〇〇のことを可愛がって頂きありがとうございました」

と書かれている投稿を、よく見かけます。

その時の「生前中は」の意味について

わたしたちは「生きている時は」と思いがちですが、そうではないそうです。

もし「生きている時」を意味するならば、「亡くなる前は」という言葉になりますよね。

「生前中」は、実は「往生前中」の略語だそうです。

「大往生」という言葉があるように、「往生」とは仏教でいうと「仏」になるという意味です。

つまり、

「生前中は大変お世話になりました」とは

「仏になる前は大変お世話になりました」という意味になります。

人間も、ペットも皆

亡くなった後は、高次元の魂の存在になります。

信心しているものにより、高次元の魂を「仏」とか「天使」など、呼び方に違いがあるだけです。

目に見えないだけで、ちゃんといつも見守ってくださっています。








↑9月のカレンダー無料配布中



にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
ブログランキング参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする