アニマルコミュニケーションができるようになるまでのお話

こんにちは、アニマルコミュニケーターのMAYAです。

今日は、わたしがアニマルコミュニケーションができるようになるまで
のお話をさせて頂きます。

IMG_0381

お客様から「どうやってアニマルコミュニケーションができるように
なったのですか?」と聞かれることがよくあります。

わたしの場合、最初にアニマルコミュニケーションの本を買って
読むことはありましたが、特別にセミナーを受けたのではなく
天国に旅立った愛犬ラルフとお話がしたい一心から、
自然とアニマルコミュニケーションができるようになっていました。
(セミナーはアニマルコミュニケーションを仕事としてやっていく決意を
した後に受講しました)

具体的に、どんな経緯があったのか詳しくお話させて頂きますね。

***

わたしはアニマルコミュニケーションに元々、興味があり
2008年頃から、いろいろな方のセッションを受けていました。

そして、その中で出逢った一番信頼できるコミュニケーターに
ラルフのシニア時代と余命宣告を受けてから旅立つまでの間、
旅立ってからのセッションを何回かして頂きました。

ラルフの言葉はいつもわたしの道しるべとなり、大きな影響を及ぼしました。
特にラルフが旅立ってからは、ラルフの言葉が唯一の生き甲斐でした。

そう思っていた矢先に、その方はセッションの依頼を休止してしまいました。
それを聞いた時はショックでしたが、その方のご家庭の事情もあり
アニマルコミュニケーションに対して、とても誠実な想いを持たれていた方なので
仕方のない選択だったことを理解しました。

その時期と、わたしがアニマルコミュニケーションができるようになった時期とが、
まるで歯車が噛み合せたようにぴったりと重なりました。

その時のことを、わかりやすく箇条書きにまとめてみました。

2013年8月20日
12歳8ヶ月12日の生涯を終え光に還る。ラルフらしい素晴らしい最期でした。

8月23日
3日ぶりに初めてFacebookを見ると友人がラルフのことを書いてくださった
記事が飛び込んできた。その記事の中のある女性のコメントを読む。

コメントの内容は
「私は昔から霊感が強く修行をすすめられていました。人もペットも同じ。
その子は生まれ変わるまでずっとお母さんのそばにいてくれるでしょう。
なのでこれから起こる身近な出来事はその子がいてる証拠です…〜後略〜」

8月25日
このコメントが気になりその女性、Mさんに友達申請を送りコンタクトをとる。

Mさんから「ラルフの記事を読んだ後ラルフが私の所に来てくれて、
僕はお母さんに感じてもらえるような行動をおこすよ!って伝えられてました。」
と教えて頂く。

実際に、ラルフが居る気配、物音、不思議な出来事が毎日のように起きる。
その後も、Mさんからラルフが家に居る様子を霊視で何回か伝えて頂く。
(Mさんは霊視をお仕事でされている方ではありません)

9月22日
Mさんから
「ラルフが天女様のような女性に抱っこされて天に昇っていくビジョンが視えた」
天女様のような女性は生前からラルフを見守っていた、今も一緒に居ると伝えて頂く。

10月20日
依頼していたアニマルコミュニケーションの結果をメールで頂く。
セッションの内容と、Mさんから伝えて頂いたこととが一致する。
また、その中にアニマルコミュニケーションの学びを予測するような一説があった

「僕の旅立ちを体験することで、魂の存在・命について触れる機会を
お母さんは手に入れたね。これは今回のお母さんの学びでもあると思ってほしい。
僕、肉体(物質界)から離れた。だから、物質的に見たり感じたりしようとしないで。
心で見たり感じたりしてほしいの。お母さんの心の目で見て、聞いて、感じて。

11月7日
長年お世話になったコミュニケーターから、セッション打ち切りのお知らせを聞く。
同時に、Mさんからラルフがわたしのアニマルコミュニケーションのガイドになる
と言うメッセージを伝えて頂く。

11月8日
祭壇のラルフの写真の「おでこ」にキスした瞬間に大きなラップ音が鳴る。
それと同時にパソコンを見ると、ラルフの写真の「おでこ」にマウスの矢印があり
それが、わたしのサードアイの開眼を知らせた合図であったことがわかる。

blog_import_545f3fb6f162e
*これが、その時のパソコン画面を撮った実際の画像です。

この日から、ラルフとアニマルコミュニケーションができるようになりました。
毎日のようにラルフとお話をして、その時に受け取ったメッセージやビジョンから
予知夢、シンクロが頻繁に起きるようになりました。

また、この頃から実際に自分の顔の横からラルフの鼻息が聞こえて来るという現象や
体感として、ラルフの存在を強く感じるようになっていきました。

11月20日
アニマルコミュニケーションでラルフに「天女様は誰?」と尋ねたところ
「天女様はお母さん。旅立ってからずーとお母さんの愛の存在(天女様)に包まれている」
と答え、天女様の意味がわたしのハイヤーセルフのことだと気付かされる。

このような不思議な出来事を、今だから整理してお話しすることができますが、
その当時はペットロスで頭がおかしくなってしまったと思ったくらいでした。

そして自分の気持ちを整理する意味で、2013年11月25日から
ラルフとの不思議なエピソードを綴ったペットブログを2ヶ月間、書き綴りました。

***

今までの流れでわかったことは、すべてラルフがわたしのアセンションに合わせて
変化を起こしているということです。
このことは、わたしのホロスコープと宇宙の流れに沿った動きでもあります。

ここまでのお話をしていると、わたしが何か特別な能力があるように思われるかも
しれませんが、そうではありません。

アニマルコミュニケーションは、誰もが持っているテレパシー能力です。
その能力が、人によって開花されているかどうかの違いなんです。

その辺のお話は、また別の機会に順を追って書かせて頂きますね。

長文になりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました <(_ _)>








↑11月のカレンダー無料配布中



にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
ブログランキング参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする