「生前中は大変お世話になりました」の本当の意味は?

こんにちは。

ペットロス*虹の橋セラピスト

くどうまさみ(MAYA)です。

 

先日、義母の一周忌でした。

その時に、和尚さんから、とてもためになるお話を教えていただきました。

今日は、そのお話をシェアさせていただきますね。

 

ペットロス 虹の橋

 

身内が亡くなった時、葬儀の時などに、喪主の方がよく

「生前中は大変お世話になりありがとうございました」

と、挨拶されることがあります。

 

ペットが亡くなった時も、SNSなどで、飼い主の方が

「生前中は〇〇のことを可愛がって頂きありがとうございました」

と書かれている投稿を、よく見かけます。

 

その時の「生前中は」の意味について

わたしたちは「生きている時は」と思いがちですが、そうではないそうです。

 

もし「生きている時」を意味するならば、「亡くなる前は」という言葉になりますよね。

 

「生前中」は、実は「往生前中」の略語だそうです。

 

「大往生」という言葉があるように、「往生」とは仏教でいうと「仏」になるという意味です。

 

つまり、

 

「生前中は大変お世話になりました」とは

「仏になる前は大変お世話になりました」という意味になります。

 

人間も、ペットも皆

亡くなった後は、高次元の魂の存在になります。

 

信心しているものにより、高次元の魂を「仏」とか「天使」など、呼び方に違いがあるだけです。

 

目に見えないだけで、ちゃんといつも見守ってくださっています。

 


==========================

 

現在までに1,500人が登録が登録した!超人気無料メール講座!!

アニマルコミュニケーション 講座

アップお申し込みはこちらですアップ

 

肉球アニマルコミュニケーション無料メール講座  
肉球ご提供中メニュー  
肉球お客様の声  肉球お問合せ

 

関連記事

最近の記事

  1. アニマルコミュニケーション練習会のご紹介

  2. アニマルコミュニケーターとして人と動物たちの架け橋になることを決意

  3. アニマルコミュニケーション練習会は一石二鳥!!

アニマルコミュニケーション感想

charity

 

アニマルコミュニケーションCREAではセッション料金の一部を日本アニマルトラストに募金させて頂きます。

 

npo

 

募金報告はこちらからどうぞ>>

PAGE TOP