アニマルコミュニケーションへの想い

こんにちは、アニマルコミュニケーターのMAYAです。

今日は、一昨日のアニマルコミュニケーションとの出逢い
続きのお話をさせて頂きます。

3.11d

2007年に初めてアニマルコミュニケーションに出逢ってから、数年経ち
愛犬がシニアになった頃、わたしは一番信頼できるコミュニケーターに
セッションを依頼するようになりました。

アニマルコミュニケーションを受けて良かったことは、愛犬の気持ちが
わかったことにより、絆が一層深くなっていったことです。

セッション内容が「わたしが思ってた通り」と感じることも多かったです。

アニマルコミュニケーションは、わたしにとって愛犬の気持ちを再確認
するためのツールでもありました。

それと同時に「こんなことまで考えているの!?」と驚くことも沢山ありました。
愛犬は思ってた以上にわたしの深い心を読み取り、そのことも伝えてくれました。

わたしのセッションでも、保護者様から同じようなご感想を頂くことがあります。

例えば、日常的な質問から保護者様を思いやる話しへと繋がっていきます。
質問の回答を、表面的な内容と内面的なこととの両方から頂くことが多いです。

セッションを通じてアニマルパートナー達が、いつも私達のことを第一に考えて
くれていることに気づいていきます。

そのような「気づき」を得られることは、とても大事なことだと思います。

これからも、アニマルパートナーと保護者様の心の奥底にコミットするような
セッションを常にこころがけていきます。

アニマルコミュニケーションを通じて、アニマルパートナー達の高次の魂
を知り、そのことを少しでも多くの方にお伝えしたい…

それが、現在のわたしのアニマルコミュニケーションへの想いになります。

最後まで読んで頂きありがとうございました <(_ _)>








↑11月のカレンダー無料配布中



にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
ブログランキング参加しています。
応援クリックよろしくお願いいたします。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする