アニマルコミュニケーションで動物たちの魂の優しさ、温かさに触れてほしい

アニマルコミュニケーション 講座

アニマルコミュニケーション講座

ZOOM・オンライン・動画セミナー

工藤まさみです。

いつもご覧いただき

ありがとうございますぺこり

16071_img_84

今日は

アニマルコミュニケーション講座の

感想をご紹介させていただきます。

読むだけでも、

動物さんの深い愛情が伝わります。

多くの方に、

ご覧いただけましたら幸いですドキドキ

アニマルコミュニケーション講座の感想

 

動物たちの魂の優しさをこんなに大きく感じたのは、はじめてです。
目の前にいる時も、愛しさや、優しさ、大きさ感じていましたが、
もっともっと広く清んだものを感じさせてもらいました。
私自身も、それを感じたので、
もっともっと、みんなにも、
この大きな優しい温かさに触れてほしいと思いました。

気づいたら、講座を受け続けているうちに、
すっかりと私のペットロスの時の気持ちが薄れているのに気づきました。
ペットロスもニコニコになり、アニマルコミュニケーションのお勉強もでき、
くどうさんのいろいろな体験の貴重なお話や、
楽しい効果のあるイメージワークも教わることができて、
いったい、一石何丁なんだろうと思います。

 

アニマルコミュニケーションの実践練習では、自信のない部分があったのですが、
きちんと動物さんたちの声やイメージを受け取れていたことがわかって、
動物さんたちは、こんなに心を開いてくれているんだなって思えました。
こちら側(人)が、不安や、壁を持っていても関係なく、このように、
伝えてくれているんだって、ずっと優しさを感じ涙が出てしまいました。

テキストがしっかりしているので、通信でも不安なく受講できました。
自宅で受講できるのは大変ありがたかったです。
講座の内容は、テキストもボリューム満点で、
惜しみなく伝えてくださっているのがよく分かりました。

 

アニマルコミュニケーションの実際的な使い方や、
体験談なども交えてお話していただいたので、すごく分かりやすかったです。
応用編では、実践練習もさせていただいたので、
このまま仕事に出来る!という自信につながりました。
本当に講座後は、満足感がすごいです。

感情表現が少ない家のわんちゃんと話がしたかったので、
アニマルコミュニケーションを受講したいと思いました。
自宅から受講できる事も決め手です。
テキストはもちろんですが
例えなどで話してくださりイメージしやすくとっても分かりやすかったです。

アニマルコミュニケーションは心と身体を整えていく事が大事!
【波動を高める7つのステップ】も今すぐに出来るところから
意識して日常で心がけて行きたいと思います。

  

アニマルコミュニケーション講座・テキストの内容は、
とても論理的、根拠に基づく内容で全くの素人の私でもとても良く理解できました
ご説明もとても分かりやすく、先生ご自身の体験も併せてお話くださったのが
更なる理解となりました。

普通の人間として当たり前の感覚しか持ち合わせていない私ですが
理論で理解でき、そして練習を積み重ねの上、実現可能であると確信できました。
大きな不安から大きな自信に変わりました。とても大きな収穫です!
数あるアニマルコミュニケーションの先生の中から
くどう先生に出会えたのは亡き愛犬の取り計らいと思われます。

 

私のアニマルコミュニケーション講座は、

初心者様から、すでに

アニマルコミュニケーションの

スキルをお持ちの方まで

幅広くいろんな方に、

受講していただける内容です。

動画セミナーなので、

ペットちゃんをお留守番させることなく、

自宅でお好きな時間に

何回でも繰り返し学べるのも、

他教室にはない特徴です。

動画だけではなく、

課題レッスン、練習会に無料で参加できますので

受講後のサポートもバッチリですふんわり風船星

アニマルコミュニケーターを目指す方にオススメ!

セットでお得価格!

 アニマルコミュニケーター養成コース

アニマルコミュニケーション関連の講座がすべて含まれたコースはこちらです。

セットで超お得価格!ベル

 アニマルコミュニケーション動画セミナー感謝キャンペーン!

皆さま、今日は
アニマルコミュニケーション講座の
ご案内をさせていただきました。

最後までお読みいただき

ありがとうございました


==========================

たった一日で150人が登録した!超人気無料メール講座!!

アニマルコミュニケーション 講座

アップお申し込みはこちらですアップ

肉球アニマルコミュニケーション無料メール講座
肉球ご提供中メニュー  
肉球お客様の声  肉球お問合せ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする